【資産公開】2022年1月末の資産運用状況 | 20代のインデックス投資

 

2022年1月末の投資パフォーマンスを確認します。

インデックス投資の現状を知りたい方は多いと思います。

よければ参考にしてください。

スポンサードリンク

2022年1月末時点の資産状況

全保有ファンド損益

投資期間6年1か月目の全保有ファンド損益は、積立元本11,224,282円に対して、

2,616,178円、30.4%のトータルリターン年利回りは13.9%となりました。

パフォーマンスの推移

開始1年の乱れたデータを除いた5年間の平均年利回りは8.8%、標準偏差が6.3%となりました。

つまり、68%の確率で年利回りが2.5%~15.1%になる可能性が高いということです。

さて、この1か月で市場は大分下落しました。

私も例外ではなく、12月末より少なくとも100万円近くは損害を被りました。

しかし、それでも利回りは13.9%となっています。

「投資ひよこちゃん」さんが仰るように【長年積み重ねた含み益バリア】が守ってくれています。

これぐらいの損失であれば何も問題ありません。

正直、含み益がマイナスになっても問題ありません(笑)

使うのは何十年も先の話なので、それまでに回復してくれれば大丈夫です。

逆に、投資を始めたばかりの人にとっては辛い時期ですね。

私も最初の1年間はずっとマイナスでした。

とにかく投資を忘れることが大切です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加