【実際、インデックスファンドの利回りはどれくらい?】5年2か月目のパフォーマンスを公開!

 

2021年2月末の投資パフォーマンスを確認します。

前回の更新から大分経ってしまいました。

インデックス投資の現状を知りたい方は多いと思います。

よければ参考にしてください。

スポンサードリンク

2021年2月時点の資産状況

全保有ファンド損益

投資期間5年2か月目の全保有ファンド損益は、積立元本5,065,782円に対して、

1,534,813円、30.30%のトータルリターン年平均利回りは14.3%となりました。

2020年頭より「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」に替わって、

SBI・全世界株式インデックス・ファンドを購入しています。

信託報酬が、楽天:0.212% に対して

SBI:0.11% なのが決め手でした。

やっぱり、インデクスファンドは信託報酬が安くてなんぼですよね。

パフォーマンスの推移

今回から年平均利回りの推移も追加しました。

また、今回から年平均利回りの算出方法を変えています。

XIRR関数

開始1年の乱れたデータを除く約4年間の年利回りのパフォーマンスは、

平均6.7% 標準偏差が5.3%となりました。

つまり、68.3%の確率で利回りが

1.4%~12.1%になるということです。

最後に

コロナ禍だというのに株式市場は好調を維持していますね。

日経平均なんか30年半ぶりの高値を記録したそうです。

肌感覚としてはとても経済が良いようには思えないので、今後大暴落がありそうな気がします。

超長期投資する側としては、無駄に株価が上がるのは嬉しくありません。

不謹慎ですが、早く適正な株価になってほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加