【インデックスファンドは最強!】6年目のパフォーマンスを公開

 

2021年12月末の投資パフォーマンスを確認します。

インデックス投資の現状を知りたい方は多いと思います。

よければ参考にしてください。

スポンサードリンク

2021年12月時点の資産状況

全保有ファンド損益

投資期間6年目の全保有ファンド損益は、積立元本8,370,606円に対して、

3,608,940円、43.1%のトータルリターン年利回りは18.8%となりました。

パフォーマンスの推移

開始1年の乱れたデータを除いた5年間の平均年利回りは8.7%、標準偏差が6.3%となりました。

つまり、68%の確率で年利回りが2.4%~15.0%になる可能性が高いということです。

さて、今年もコロナに振り回された1年でしたが、市場への影響は特に見られず、むしろ良かったくらいでしたね。

一年中 年利回りが良く、14%を下回ったことがありませんでした。

そのため、1年で資産が倍になりました。

これもインデックスファンドのお陰だと思います。

もし、飲食店などの株を単体で持っていたら大打撃だったでしょうね。

こういうところでリスクヘッジが効いています。

ただ個人的には、そろそろ値下がりして欲しいですね。安く沢山買えるので。

先進国株の期待リターンは4~7%だと言われているので、そろそろ下がるんじゃないかと思っています。

投資を始めて早6年が経ちましたが、有難いことに資産は増え続けています。

まだ結論を出すのは早いですが、やっぱりインデックスファンドは最強だと思います。

何も考えずに積み立てているだけでも、しっかりと結果を出し続けていますからね。

ぜひおすすめです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加