勉強と掃除のお話。

大学生らしく、勉強について話したいと思います。(笑)

勉強には、勉強方法やマインドセットなど、さまざまなジャンルがあります。今回は、勉強をするきっかけについてです。

自分が実際にやってみて、よかったと思える方法をお教えします。

スポンサードリンク

高校時代の話。

正直、私は大学に入るまで、まともに勉強をすることができませんでした。特に、高校時代はひどかったです。宿題すらやらないレベルです。

とにかく、椅子に座ることができないんです。

 

体全体が、「勉強したくね~」と言っているのがわかるほどです。

結局、宿題を出したのは、1年生の最初の半年間だけでした。

もちろん、テストの点数も悪かったです。一桁の点数なんて当たり前でした。0点もけっこうもらいました。

そんな私が大学に入り、今では、毎日3時間以上は勉強しています。高校時代の私と比較すると、天と地の差ですよね。

これが多いのかどうかは、人により感じ方は違うと思います。でも、少なくとも、私の周りでは多いほうですよ、確実に。

そんな私が、勉強するきっかけとなったことをご紹介します。

掃除をしよう。

はい、そのきっかけとは掃除なんです。

「おいおい、たったそんだけのことかよ」と思われるかもしれません。それでも、掃除の威力は半端じゃないですよ、本当に!

実際に、私は毎日、掃除をするようにしてから、毎日、勉強できるようになりました! 高校時代は、あれほどできなかったのに。

なぜ、掃除をすると勉強ができるようになるのか。その理由を自分なりにまとめてみました。

掃除の2つの機能

掃除には2つの機能があります。

①きっかけをつくること
②備えること

それぞれについて、順に説明していきますね。

①きっかけをつくること

きっかけをつくるには、様々な方法があります。その中でも、環境を変えることが一番手っ取り早いと思います。

環境の変化には、小さな変化と大きな変化があります。

小さな環境の変化の例は、いつも使っている文房具を変えてみたり、部屋の配置を変えてみたりすること等が挙げられます。

大きな環境の変化の例は、旅行に行ったり、短期留学に行ってみたりすること等が挙げられます。

掃除は、小さな環境の変化の一つに挙げられます。部屋がきれいになることで、今までとは違う環境になるのです。

また、脳科学的にも、掃除の効果は説明できます。

掃除をすることによって、小さな達成感が得られます。この小さな達成感が、脳にドーパミンの分泌を促します。

ドーパミンは、快感や幸福感を得たり、意欲を起こしてくれる脳内ホルモンのひとつです。これがきっかけの正体です。

この、「ドーパミンを出すこと」が大事です。掃除をきっかけに、たくさんのドーパミンを出させましょう!

②備えること

備えると言っても、何に備えるのか。それは、「別のきっかけ」です。

勉強をするきっかけは、掃除だけではありません。日々の生活の中で、沢山のきっかけが、私たちを囲んでいます。

しかし、汚い部屋が、私たちが知らない内に、そのきっかけをないがしろにしてしまっているのです。

それはなぜか。

よく、勉強しようとすると、部屋を掃除したくなる、なんて話を聞いたことはありませんか?勉強したいのに、掃除の手が止まらない。そんな状況に出くわしたことが、あなたにもあるはずです。

実は、脳と部屋は密接につながっています。汚い部屋は、脳の働きを悪くするのです。それを脳は感じとり、部屋の掃除へと誘導するのです。

脳は、無意識の内にたくさんの情報を処理しています。部屋が汚いほど、物があふれかえり、処理する情報も多くなります。無意識に、脳が何かを感じ取ってしまっているわけです。

そうなってしまうと、脳が疲れてしまいます。脳がヘトヘトの状態では、なおさら勉強なんてできません。せっかく、勉強するきっかけができても、それが勉強することに繋がらないのです。

これはもったいないですよね。そうならないためにも、毎日、部屋の掃除をして、沢山のきっかけに備えておく必要があります。

毎日、掃除しよう。

勉強できないと思っていても、実は、たくさんのきっかけが私たちの周りにはあります。そのきっかけを無駄にしないためにも、部屋をピカピカにしておきましょう。

また、掃除をすることで、それ自体がきっかけとして働くようにしましょう。

私も早速、掃除を始めたいと思います。(笑)

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加