幸せだから成功する!

興味深い動画を見つけたので、ご紹介します。

スポンサードリンク

成功の先に幸せは無い!

ショーン・エイカー 「幸福と成功の意外な関係」 | TED Talk Subtitles and Transcript | TED.com

 気づいたのは ほとんどの企業や学校で 考えられている成功の法則は 「一生懸命がんばれば成功できる 成功すれば幸せになれる」というものだということですこれは多くの人の子育てや マネジメント法 動機付け方法の基礎になっています。

これの問題は 科学的に間違っており 逆だということです第一に 成功するたびに脳がするのは 成功の定義を再設定するということです。 良い成績を取れば もっと良い成績を取る、 良い学校に入ったら さらに良い学校に入る、 良い仕事に就いたら さらに良い仕事に就く販売目標を達成したら 目標をさらに上げる幸せが成功の向こう側にあるのなら 脳はいつまでもたどり着けません私たちがしてきたのは 社会が一体となって 幸せを認知できる範囲外に追いやるということですそれは私たちが「成功したら幸せになれる」 と考えているからです

確かに、学校や社会全体がそのような雰囲気ですよね。だから、先の幸福(成功)のために現在を不満タラタラで過ごしている人が沢山いるのだと思います。

参照:生きることは複雑なのだろうか?大学生なりに悩んでみる。

幸せだから、成功する!

必ずしも現実が私たちを形作るのではなく 脳が世界を見るレンズによって 私たちの現実は形作られるということです。そのレンズを変えれば 自分の幸福を変えられるばかりでなく あらゆる学習や仕事の結果を変えることもできるのです。
現状へのポジティブさの度合いを引き上げられれば その人の脳は「幸福優位性」を発揮し始めます 。つまりポジティブな脳は ネガティブな脳や ストレス下の脳よりも ずっと良く機能するということです 。知能が上がり 創造性が高まり 活力が増大します。 実際 あらゆる仕事上の結果が 改善されることがわかりました。 ポジティブな状態の脳は ネガティブな状態の脳より31%生産性が高くなります。 販売で37%成績が上がります 。ネガティブやニュートラルでなく ポジティブなときに 医者は19%早く正確に 診断するようになります。 これは法則を反転させられることを示しています 。現状に対してポジティブになることさえできれば 脳は より熱心に 速く 知的に働き その結果として より成功するようになるのです。
 
確かに、僕の周りではそれが当てはまります。現状を楽しく生きているから、勉強や研究で成果を出すことが出来ています。良いことが雪崩のようにやってきます。
 
 
 
一方、僕の周りの人は時間を多く掛けているのに成果はついてきていないです。しかも、莫大なストレスがそれに付随します。悪いことがどんどん押し寄せてきます。負のスパイラルから抜け出せずにいます。
 
 
 
 

脳がポジティブになるための訓練

 
ありがたく思うことを毎日新たに 3つ書くというのを21日間続けましょう。 それを終える頃には 世の中にネガティブなものではなく ポジティブなものをまず見つけようとするパターンが身につきます。
 
 
僕は元々スーパーネガティブです。人のあら探しはよくするし、ゴシップや人の悪口をよく口にしてしまいます。
しかし、それらには何もメリットがありません。人間関係を不必要に悪くしてしまうだけです。そのため、前々から改善したいと考えていましたが、上手くいきませんでした。
 
 
さっそく、このトレーニングを検証してみようと思います。果たして、3週間で結果はついてくるのでしょうか。
 
結果や進捗については、追って書きますね。
 
ではでは。
 
 

追記(2016/6/8)

 

ポジティブになる訓練(1週間目) | 20歳からの検証ブログ

 
 
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加