目覚まし時計がなくても、自力で起きることが出来た!

今回は起床に関わることを書いていこうと思います。

スポンサードリンク

念じることで起床時間をコントロールすることが出来る!?

面白い記事を見つけました。

念じることで翌朝の起床時間をコントロール: カラダ作り・健康作りのタメのBLOG

頭で念じることで、翌朝に狙った時間に起きやすくなります。

念じる??

読んで字のごとく、寝る前に「明日は〇時に起きるんだ。絶対に!」
と5回ほど繰り返し強く念じます。

それだけです。

そのときのポイントは、念じながら目を閉じて時計の針を思い浮かべます。

例えば5時30分にしっかり目覚めたいなら、
5時30分を示している状態の時計の針をイメージします。

不思議ですが、きちんと翌朝にその時間に目が覚めるのです。

念じるだけで自然と目が覚めるなんて驚きですよね!

僕は前から、目覚ましで起きることに疑問を抱いていました。目覚ましの音で起きると、目覚めが悪いし、二度寝をしてしまう確立がグンと高くなるからです。

逆に、休日などで目覚ましをかけないで起床すると体はスッキリします。さらに、二度寝をすることもありませんでした。

出来れば、普段の日から目覚ましをかけないで起きたいと考えていました。

検証してみた!

そこで、この方法が本当かどうか検証してみました。検証期間は4日間です。結果は以下の通りです。

  • 6月1日 → 6:00に起きようと念じたところ、5:38に目が覚めた。
  • 6月2日 → 6:00に起きようと念じたところ、5:42に目が覚めた。
  • 6月3日 → 6:00に起きようと念じたところ、5:00に目が覚めた。
  • 6月4日 → 7:00に起きようと念じたところ、6:30に目が覚めた。

同じ時間に念じたとしても、目が覚める時間にはバラつきがあるようです。でも、どれも念じた時間よりも前に目が覚めています。

6月1日~6月3日の就寝時間は、およそ23時です。睡眠時間は約6~7時間です。一方、6月4日の就寝時間は午前2:30で、睡眠時間は約4時間です。

結果として、特に6月4日の結果に驚いています。僕は比較的ロングスリーパーなので、睡眠時間は7時間以上を必要としています。そのため、6月4日の睡眠時間である4時間は、僕にとって大幅に少ないです。それにも関わらず、スッキリと起きれたことに驚きを隠せないでいます。

この4日間だけをみると、どうやらこの方法は本当に効果があるようですね!僕みたいなロングスリーパーでも、短い睡眠時間にちゃんと適応できています。

しかし、まだ4日間と短い期間です。もう少し検証期間を延ばしてみようと思います。その都度、検証結果については報告しますね。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加