これもスマホ依存を克服した効果!?

また、スマホ依存を克服したことによる効果について書きます。

スポンサードリンク

親知らずを抜くことになった!

昨日の記事でも書きましたが、親知らずを抜きます。

参照:第2弾!引き寄せの法則を検証!

ただし、抜き方が厄介なんです。歯茎を切開し、歯を割ってから取り出さないといけません。僕は歯列矯正の関係で既に永久歯を4本抜いているので抜歯自体は怖くありません。しかし、切開となると話は別で、滅茶苦茶ビビッています。

これが分かったのは、僕が高校生くらいのころで7年くらい前のことです。切開が怖かった僕は、これを放置して今に至るわけです。7年間も親知らずから逃げてきたのです。情けないですね。

スマホ依存克服の効果か!?

こちらの記事にも書いたとおり、1週間前にスマホ依存を改善しました。

参照:スマホ依存を克服する!

そして、その効果も出始めています。

参照:早くも効果あり!スマホ依存を克服!

現在もスマホをいじる時間は少ないです。まだ1週間しか経っていませんが、ちゃんと継続できています。

ここで僕が言いたいのは、今回の親知らずの抜歯に関してもこれの効果なのではないかということです。

「いや、ただの拡大解釈だろ」という言葉も凄くわかります。だって、関係ないですもんね、スマホ依存と親知らずは。

でも、僕は7年間も逃げてきたこの問題が、こうもあっさりと解決へと進んでいくのが不思議でならないのです。いつもならば、親知らずの話になると、「もっと時間がある時でいいでしょ」とか「特に悪さをしているわけではないから、抜かなくていいんじゃないの」と、言い訳をつくって逃げてきました。

しかし今回は、友達が親知らずを抜いたことを聞いて、「じゃあ、僕もそこで抜く」とその場で歯医者の予約をしました。あまりの唐突さに、友達は驚いていました。笑

こうも物事が上手く進んでいるのは、最近起きた出来事が関係しているに違いありません。そこで浮上してくるのが、最近始めた「スマホ依存の克服」です。

どのようなことがあって「スマホ依存克服」が「親知らずの抜歯」になるのかは自分でもわかりません。でも、結果的に考えて、今はそういうこととして捉えておきます。本当は別のことが影響してるのかもしれませんが。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加