スマホ依存を克服する!

今回は、スマホとの関わり方を改善し、スマホの使用時間を減らすことに挑戦してみようと思います。

スポンサードリンク

キャパシティ不足!?

ここ最近、読書、運動、研究の3つがおろそかになっています。その原因として考えられるのがキャパシティの問題です。タスクがいっぱいになり、僕のキャパシティが不足しているのかもしれません。

参照:人の容量について。

現在のタスクを確認してみます。

  1. ブログ
  2. TOEICの勉強
  3. SPIの勉強
  4. バイト
  5. 学校
  6. 軽い就職活動

バイトの量が少し多い気もしますが、どのタスクも今の自分にとって大事です。削れる部分が見つかりません。

では、どうやったらさらにタスクを入れることが出来るのでしょうか。

ネット・スマホ依存の罠

上記のタスクで僕の時間が全て埋まっているかと言うと、決してそうではありません。タスクとタスクの隙間時間には沢山の無駄が挟まっていたのです。その無駄こそがネット・スマホをいじっている時間です。注意して見返さなければ気がつくことが出来ませんでしたが、僕には多くの無駄な時間が見つかったのです。

そこで、ネット・スマホをいじる時間を減らすことにしました。特に依存しているのはスマホです。ついついTwitterやFacebookを閲覧してしまいます。今までこれら閲覧していて得になったことはありません。

では、どうやったら依存を克服できるのでしょうか。

以下のサイトを参照してみました。

参照:ネット・スマホ依存症は治せる|病院の治療に頼らず自力で治す方法|お得情報で生活を豊かに|光回線・インターネットの裏ワザ

僕に使えそうだなぁと思ったのは以下の2点です。

  1. スマホを常備しない
  2. SNSのアカウント削除

僕は常にズボンのポケットにスマホが入っています。ついついスマホをいじってしまうのはこれが原因の一つかもしれません。そのため、「1.スマホを常備しない」は効果的だと思いました。

また、ついついTwitterやFacebookを閲覧してしまうのならば、その根元から断ち切ればいいのです。さっそくTwitterのアカウントを削除しました。

一方、Facebookでは、周りの人との連絡手段の一つなのでアカウントは消しませんが、スマホ内のアプリは削除しました。

果たして、生活は改善するのでしょうか。進捗や結果は追って記事にします。

ではでは。

追記(2016/5/17)

早くも効果あり!スマホ依存を克服! | 20歳からの検証ブログ
早くも効果あり!スマホ依存を克服! …

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加