隙間時間を有効活用しよう!

今回は隙間時間を有効活用することの効果について書きたいと思います。

スポンサードリンク

登校時間を有効活用!

僕は現在、登校時間の15~20分を使ってTOEICの勉強をしています。『金のフレーズ』は単行本サイズなので持ち運びに便利です。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

TEX加藤 朝日新聞出版 2012-03-07
売り上げランキング : 50

by ヨメレバ

無料ダウンロードのMP3音声付録があります。これを、その日に音読する200フレーズ分聞いています。綴りが分からなかったら、すぐに『金のフレーズ』でチェックしています。

隙間時間はモチベーションを上げるのに最適!

これまでの僕の登校は、音楽を聞いたりぼーっとしたり、特に意識をしないで過ごしていました。しかし、隙間時間を勉強に充ててから生活のリズムが良くなりました!背筋がびしっと伸びるような感覚です。

又、僕は今までの生活スタイルが限界だと思っていました。これ以上のタスクを入れることは出来ないと思い込んでいました。しかし、隙間時間を見直してみると、たくさんの時間があることに気がつきました。

隙間時間を有効活用することのメリットは、ただ作業時間が増えることだけではありません。一番のメリットは、やる気に繋がることです。隙間時間を勉強に充てると、モチベーションが上がります。準備体操のように小さな動作からこなしていくことで、やる気のゲージを徐々に上げることができるのです。

僕を含めた若い人は、ついつい隙間時間にスマホをいじりがちです。ネットには面白いコンテンツが溢れ返っています。そのせいで一日の内の何時間も無駄にしてしまったことがある人は多いと思います。

しかし、そのスマホを勉強に置き換えるだけで充実度が全く異なります。本当にやるべきことに多くの時間を割くべきです。一日の時間は限られているからです。その橋渡しとして隙間時間を活用することが非常に有効です。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加