根拠の無い自信について。

今回は「根拠の無い自信」について持論を展開しようと思います。前回にも同じ題材の記事を書いたことがあります。この時は「根拠無き自信」と「自信過剰」の境界線について自分の考えを述べました。こちらも機会があれば読んで見て下さい。

参照:根拠なき自信について。 

スポンサードリンク

根拠の無い自信に対する違和感

よく「根拠の無い自信こそが本当の自信である」と言われています。経歴や実績ではなく、自分の能力に対して誇りを持つべきだとされています。

逆に、過去の実績や栄誉を根拠とする自信には意味がないとされています。その理由は、過去の実績や栄誉は未来の成功を保証しないからです。常に変化を求め、向上する意欲がなければ自らの身を滅ぼしてしまうのです。

しかし、過去の経歴に執着をしないことなど可能なのでしょうか。普通の人だったら過去の栄誉をいつまでも引きずるでしょう。

又、上手くいくかどうか分からない自分の能力に対して、本当に自信が持てるのでしょうか。口では勇ましいことを言っても、本当は不安や恐怖を感じているはずです。

そこで、「根拠の無い自信」の”根拠”について考えてみました。

”運”が自信の根拠!

僕は”運”こそが「根拠の無い自信」の根拠なのではないかと考えました。確かに、「根拠が無い」と言っているのに「根拠がある」と言っているのはおかしいです。日本語に不備があるといわれても仕方ありません。

しかし、運には実態がありません。保障もありません。正に”無”です。ですから、運を根拠にしたとしてもそこには何も無い為、「根拠が無い」と言えるのです。

もし仮に運をコントロールすることが出来るなら、人生に怖いものなどありません。全てが思いのままです。これなら自分の能力に自信を持つことが出来るはずです。なぜなら、幸運によって、必ず最後は上手くいくからです。

しかも、過去の経歴に囚われていません。何時如何なる時であっても未来にコミットすることができます。これほど便利な道具はありません。

しかし、一つ大きな問題があります。それは「どうやったら運をコントロールすることが出来るのか」です。運を味方に付けなければ、上の仮説は何の役にもたちません。

運はコントロールすることが出来る!

実は、運をコントロールすることは出来ます!信じられないかもしれませんが、科学的にも証明されているのです。

参照:「幸運な人」を10年間研究した心理学者が気づいたこと | ライフハッカー[日本版]

実際、僕も運をコントロールしたことがあります。最近では、卒業論文の発表時に運をコントロールしました。「自分は運が良いのだから必ず成功する」、「僕のプレゼンは最高である」と自分に暗示をかけたのです。

すると、結果として優秀賞を手にすることができました。僕よりもずっと高度な研究をしている人が沢山いたのにも関わらずです。又、周りと比較して、論文に掛けた時間も圧倒的に少なかったです。

参照:検証結果!目標達成の秘訣は潜在意識にあり!  20歳からの検証ブログ

まとめ

運が良いとあらゆる常識を覆して自分の思う通りになります。これらの経験を通して、僕は「根拠無き自信」を手に入れることが出来たと思っています。

確かに未来に対する不安はあります。しかし、それと同じくらいに未来に対して希望と自信を持っています。その理由は、僕の運が良いからです。

これから沢山の試練が僕を待ち受けています。学会発表、就活、修士論文などなど。これらの試練に対して「根拠無き自信」と共に検証を行っていきます。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加