2016年3月末の資産状況

2016年3月末、自分の現在の資産状況を確認したいと思います。

スポンサードリンク

 2016年1月末の資産状況は-40,470円、-7.18%のリターン。

投資期間5ヶ月目の2016年3月末時点の、全保有ファンド損益は以下の様になりました。

資産状況

2月末の資産状況はサボって記事にしていないので、1月末と比較してみます。

2016年1月末の資産状況 | 20歳からの検証ブログ

2016年1月末の資産状況は「-49,795円、-9.19%のリターン」でしたので、損失、利回り共に回復しています。日本株式以外は順当に右肩上がりのようです。

一方、日本株式はどんどん下がってますね。綺麗な右肩下がりです。笑

現在の資産配分

資産全体では、以下のような資産配分になります。

ポートフォリオメーカー

目標の資産配分と比較してみます。

目標ポートフォリオ3

先進国株式の比率が増えてきて、ちょっとだけ形になってきました。

今までは大半が預金・現金で、投資しているかどうかわからないような状態でしたからね。

今後の方針

今後も今までどおり、先進国株式を買い足していこうと思います。

先進国株式が目標に近づいてきたら、次は新興国株式を買い足そうと思います。

あと、目標の資産配分についてですが、日本債権の比率を下げようと思います。

僕は学生ですし、まだまだ若いので、もう少しリスクをとろうかなと思います。

こんな感じです。

目標資産配分

以前と比較すると、リスクは上がってリターンは下がってしまいましたが、これでいいです。

正直、もう少しシンプルでいいとも思っています。「無リスク資産10%、先進国株90%」みたいな感じです。

これが投資家ウォーレン・バフェットが教えるお金のレッスン……えっ? – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

ここで私が助言することは、私が自分の遺言で指示したことと本質的に同じです。現金の10%を短期国債に、90%を非常に低コストのS&P 500インデックスファンドに投資してください(VanguardのVFINXを推奨します)。

エッセンシャル思考に通ずるものがありますね!

より少なく、しかしより良く」です!

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加