何かを選択するということは、他を捨てるということ。

お久しぶりです。最後の投稿から1ヶ月以上経ってしまいました。

この1ヶ月以上もの間、完全に中だるみしていました。生活は荒れてしまい、やることは出来ず、ダラダラと過ごしていました。

一方、様々な出来事がありました。卒論発表、卒業旅行、卒業式などなど。生活リズムに反して、内容の濃いスケジュールだったと思います。

それらについては、また追って記事を書きたいと思います。

スポンサードリンク

エッセンシャル思考

先日、友人が一冊の本を紹介してくれました。

エッセンシャル思考とは、「より少なく、しかしより良く」という考え方です。自分の時間とエネルギーを効率的に使い、最大の成果を上げることがエッセンシャル思考の狙いです。

トレードオフについて

自分の時間やエネルギーには限りがあります。そのため、何もかもやるのは不可能です。

しかし、大半の人がそのことに気が付いていません。何でも出来る気になっています。

以前、僕は下記のような、「容量」に関する記事を書きました。

人の容量について。 | 20歳からの検証ブログ

学校の成績が良くないのに、サークルやバイトをやっていたりだとか。果ては、優先事項を考えずに遊んでしまっている人がいます。

僕の周りに関してですが、自分の容量以上のタスクを詰め込んでいる人が大半を占めています。

そこで、「トレードオフ」を理解しているかどうかが重要になってきます。

トレードオフ

トレードオフとは、何かを達成するために別の何かを犠牲にしなければならない関係のこと。いわゆる「あちら立てれば、こちらが立たぬ」に相当する。 たとえば、在庫管理にはトレードオフがつきまとう。製品の在庫を減らすと、顧客の需要に答えられず、販売機会を逃す。逆に、製品在庫を増やすと、売れ残りが生じ、無駄に保管場所をとったり、余計な費用がかかる。
 
ナビゲート ビジネス基本用語集」より引用

何かを選択しているということは、他の全ての選択肢を放棄していることと同じです。そのことに気が付かなければいけません。

上の例においては、より良い学校の成績を得るためにはサークルやバイトを捨てなければいけないのです。

上手くいかないのは、トレードオフのせい!?

僕は、ここ1年ほど筋トレが出来ていません。

2年前までは、週に3回ほど筋トレをしていました。そんな生活が2年以上続いていたのにも関わらず、1年前から続かなくなりました。

理由としては、彼女ができたことが挙げられます。なぜなら、続かなくなった時期は、ちょうど彼女と付き合い始めた時期と重なるからです。

つまり、先ほどのトレードオフの考え方を照らし合わせてみると、「彼女⇔筋トレ」はトレードオフの関係にあることが分かります。

ただの言い訳のように聞こえますが、事実状、そうなってしまっています。

しかし、そんな中、良い知らせが一つあります。

それは、「軽い運動なら継続できている」ことです。歩き移動の際は、全て駆け足にするようにしています。

「それぐらい簡単だろ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外ときついです。2分ほど駆け足で移動すると、軽く息が上がってきます。体は温まってきますし、時には汗をかくこともあります。

けっこう良い運動になります。

これらから分かることは、「彼女⇔筋トレ」はトレードオフの関係にあるが、「彼女⇔軽い運動」はトレードオフの関係にないということです。

又、「容量」という面から見ると、今の僕の容量には「筋トレ」を入れることが出来ません。しかし、「軽い運動」なら僕の容量に収まるようです。

まとめ

  • ものごとにはトレードオフの関係がある。
  • 何かを得るには、他の事を捨てなければならない。
  • 僕に関しては「彼女⇔筋トレ」はトレードオフの関係にあるが、「彼女⇔軽い運動」はそうではないようだ。

まだまだ、どれがトレードオフの関係にあるのか分かりません。色々と試してみて、その関係性について研究してみたいと思います。

もしかしたら、中だるみもトレードオフが関係しているのかもしれませんね。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加