検証してみよう!言葉を変えるだけで人は変われるのか。

面白い記事を見つけました。

生活の中で現実を広げる

こちらのサイトを運営している東大六郎さんも、僕と同じように学んだことを検証しています。

新しい知識と実際にやってみることが、 現実を広げる方法だと説明してきました。 では日常生活において、何をすれば、 効率的に現実を広げることができるのでしょうか?

私がお勧めするのは、 今までと違ったことをやってみる ということです。

例えば、 いつもと違った通学・通勤路を通る、 昼ごはんのメニューを普段と別のものにしてみる、 普段と違うサイトを見てみる など、「普段と違ったこと」を何でもいいからしてみるのです。

僕も色々と検証をしているため、日々、今までと違うことをやっているとは思います。

でも、それはたまたま違う行動をしているだけであって、意図的ではありませんでした。

そこで、今日から意識して、今までとは違う行動をしてみようと思います。

スポンサードリンク

魔法の言葉を使うようにしよう!

こちらの記事を参考に、日々使う言葉を変えてみようと思います。言葉は身近な存在なので効果は大きいと思います。

『魔法の言葉』は効果あるのか徹底検証!

魔法の言葉は本当かインチキか検証

期間:2013年2月28日より50日間

内容:「ありがとう、ついてる、感謝します」という3つの言葉、 所謂「魔法の言葉」「天国言葉」を何度も繰り返す。 発言回数は逐一カウントする。

判定:50日間の間に、現金100万円程度の収入か、それ相応の出来事 があれば本物、何も無ければインチキと判断。

参考資料:五日市剛や斎藤一人の本

楽天で注文した小冊子

やるからには真剣にやる何で50日間で100万円かというと、この辺が妥当かなと思ったから。 (もう少し多くてもいいかなと思ったのですが、控えめにしておきました)

書かれている内容は、「魔法の言葉」を使いはじめて人生が好転したというお話で、 気になったのは、言葉を使うタイミング。

ありがとう:頭にくることや嫌なことが起きた時に使う
感謝します:こうなってほしいと思う時に使う

のだそうです。(ツイてるはいつでもOKみたいに書かれていました)

また、不満は言ってはいけないということも書かれていましたが、 私は「もう、不満は言わない」で鍛えに鍛え上げたので、 その辺はOkでした。 (参考記事:実践『もう、不満は言わない』

僕も目標を設定したいと思います。

  • 期間:2016年1月23日より50日間
  • 内容:「ありがとう、ついてる、感謝します」という3つの言葉、 所謂「魔法の言葉」「天国言葉」を何度も繰り返す。 発言回数は逐一カウントする。また、不満や悪口、ゴシップのような言葉は使わない。
  • 判定:50日間の間に、現金100万円程度の収入か、それ相応の出来事 があれば本物、何も無ければインチキと判断。

日ごろから「ついてる」という言葉は使っていたのでこちらは大丈夫そうです。お陰で、この1年間、デートで一回も雨に降られたことはありません。

問題は、不満や悪口ですね。自分はかなりのネガティブ思考なので、不満や悪口が息を吐くように出てきます。治すのは苦労しそうです。

また、言葉をカウントするのも大変そうです。どうやってカウントしたのでしょうか。

こちらの記事を見てもわかるように東大六郎さんはかなり細かくカウントしていますね。凄いです。

魔法の言葉の効果検証 34日間の記録

だいたいでもいいので、言葉の回数をカウントしたいと思います。

進捗状況や検証結果に関しては、また記事にしたいと思います。

ではでは。

進捗を書きました。(2016/2/7)

方針を変更!魔法の言葉の効果検証。 | 20歳からの検証ブログ

追記(2016/6/4)

検証を断念!魔法の言葉の効果! | 20歳からの検証ブログ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加