目標を達成するためには、少し厳しい目標を設定しよう!

今回はまた「目標シリーズ」です。過去の記事は下に貼っておきます。

目標を立てることの効果 | 20歳からの検証ブログ

目標は1週間単位のほうがいい!? | 20歳からの検証ブログ

2015/12/23に目標を設定し、2016/1/8に目標を設定しなおしました。

そして、目標として設定した2016/1/25に差し迫ろうとしています。

そこで今回は、現在の進捗状況とそこから学んだことについて書きます。

スポンサードリンク

一週間近く予定を押してしまっている!

現在の進捗はというと、一週間ほど予定を押してしまっている状況です。

1/14のチェックポイントをなんとか通過することが出来ました。しかし、新たな課題が出てきてしまったんです。

今は、その課題に取り組んでいます。

これは僕の推測ですが、恐らく1/25に終わらないでしょう。

課題の量と時間を考えると少し無理な感じがしてきました。

目標の少し後を目指してしまう。

目標を立てて行動してみたところ、分かったことがあります。

それは、目標の少し後を無意識に目指してしまっていることです。

現在の目標は「1/25までに卒論を終わらせる」ことです。しかし、感覚としては「1/28ぐらいでもいいかな」っていう気持ちで満たされています。

本当の締切日は2/1です。だから、正直、「1/25に間に合わなくても大丈夫」という安心感みたいなものがあります。

これが僕の焦りを緩和してしまっています。目標の期日に差し迫っているのに焦ることが出来ないのはこのためです。

厳しい目標を設定しよう!

無意識に目標の少し後を目指そうとしているのなら、厳しめな目標にすることで帳尻を合わせるのが良い方法でしょう。

現在の僕の目標は少し厳しい目標です。恐らく、目標を達成することは出来ないと思います。しかし、真の目標である「2/1に卒論を提出する」を達成する自信はあります。

結局、目標を達成できなくても、「本当にやらなければいけないこと」を成し遂げることが出来ればそれでいいと思っています。

道理から言えば、「それでいいのか」という気持ちがあります。

でも、今回の経験で学んだのは、そういう目標の使い方です。

いかに自分を騙せるか」みたいな。

また、目標については書いていこうと思います。

やっていて面白いですしね。

ではでは。

続きを書きました。(2016/1/26)

目標達成の秘訣!潜在意識と自分の考えを一致させよう! | 20歳からの検証ブログ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加