深追いは禁物!作業をするときは引き際に気をつけよう!

いやー、失敗しました。

昨日は一日中、研究に没頭していたのですが、ついつい長く作業をしていました。

そのためか、今日は燃え尽き症候群みたいにやる気がでなかったです。

そこで今回は、この体験を踏まえた感想と、この燃え尽き症候群を防ぐ方法について書きたいと思います。

スポンサードリンク

反動が大きい。

調子に乗って深追いし過ぎてしまうと、次の日にモチベーションを維持するのが難しくなります。

今日は朝から寝坊してしまいましたし、その後もやる気が起きませんでした。

昨日頑張ったから、これでイーブンなのだとは思いますが、気持ちよくありません。

「今日できていれば、もっと進むことができたはず」という気持ちが心のどこかにあるのでしょうね。

そう考えると、同じ結果だとしても心の疲れ方は全然違いますね。

気持ちの波をつくらずに、毎日コツコツとやっていくことが大切なのだと感じました。

体のサインに気付こう!

研究を終わらす1時間ほど前に、体から疲れているサインが出ていました。

ちょっとだけ、研究に対して嫌な気持ちになり、「もう止めておこうかな」と少し思いました。

しかし、それでも研究を続行してしまいました。

今思えば、あれが引き際だったと思います。あそこで止めておけば、ここまで尾を引くことはなかったと思います。

自分の気持ちに正直となり、体と相談をしながら作業をすることが大切です。

引き際を心がけよう!

これが結論です。

引き際を見誤ると後に響いてきます。作業はほどほどにしておくことをお勧めします。

目安としては、理想の8割くらいで止めておくことがいいですね。

そういえば、「8割の大切さ」に関しては前に記事で書きましたね。

成功も腹八分目に。 | 20歳からの検証ブログ

こういう日ごろのような細かいところでも、ほどほどに留めておくことが大切なんですね。

これからは心がけていきたます!

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加