夢を口に出すことの難しさ

 

はあちゅうさんがいいことを書いていました。

はあちゅう 公式ブログ – 夢を口に出すこと、言い続けることの大切さ – Powered by LINE

今回は、夢を口にすることについて書きます。

スポンサードリンク

夢を持つには、勇気が必要

夢を持つと様々な障壁が現れます。お金の問題だったり、時間の問題だったり。一番の問題は人間関係です。自分の周りの人たちが、夢を持つ人の邪魔をしてくるのです。

夢というのは、大低、叶えるのが難しいものだったりします。周りの人たちは、そこの揚げ足を取ってきます。「できるわけない」、「かなえられるわけがない」などと罵ってきます。

夢を叶えるには、そのような障壁と対峙する勇気を持つことが必要です。自分で自分を信じてあげることが大事です。

夢は常にあるもの

夢を叶えたからといって、そこで終わるわけではありません。次のステップに移ります。たとえ、最初に設定した夢を叶えたとしても、次の新たな夢を設定します。

例えば、イチロー選手を例に挙げます。

200912221533000

僕の夢

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。そして、ぼくたちは1年間まけ知らず
で野球ができました。だから、このちょうしで、これからもがんばります。

そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

鈴木一朗

彼は子どもの頃の夢を叶えました。

しかし、彼の活躍はここで終わらず、さらなる実績を積んでいます。

恐らく、新たに夢を設定したのだと思います。

子どもの頃から変わらない、常に向上していこうという気持ちが大事です。

今だからこそ、夢を口にする価値がある

僕はまだ何も成し遂げていません。経験も実績もありません。

しかし、だからこそ、夢を口にすることに意味があります。何も無い頃から夢を持ち続け、そこに向かって努力をするからこそ、人生が楽しくなるのではないでしょうか。イチロー選手もそうですが、まだ実績がなかった頃から夢を掲げています。

僕もビジョンボードに夢や目標を掲げました。

ビジョンボードについて。 | 20歳からの検証ブログ

①いつまでも夫婦で仲良く

②毎日を楽しく生きる

③生涯、勉強を続ける

④適度な運動を続けよう

⑤魅力的な男になる

⑥トイレをきれいに保とう

⑦家族と共に、幸せに生活する

⑧掃除を毎日しよう

⑨40歳には、所得3000万円以上、3億円以上の資産を所有し、保持し続ける

⑩いつまでも感謝の心を

正直、めちゃくちゃ恥ずかしいです。特に⑨が恥ずかしいです。あと20年足らずで所得が3000万円以上で資産を3億円築くなんて、到底不可能です。そんなのは自分が一番わかっています。

でも、あえてこの夢を堂々と掲げたいと思います。これからもどんどん口に出していきます。

なぜなら、口だけではないからです。

僕は、周りの人よりは努力をしていますし、それなりに深く考えています。教えられたことは素直に吸収しますし、学んだことはすぐに行動に移します。

今やるべきことはちゃんとやっています。あとは結果を待つのみなんです。

「人事を尽くして天命を待つ」者のみが、夢を叶える権利が与えられるのだと思います。

今回はこの辺で。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加