「ブラック企業でホワイトな働き方してるけど質問ある?」 が最高にロックな件

「2ちゃんねるスレッドまとめブログ 」で見つけた共感の嵐な記事

ブラック企業でホワイトな働き方してるけど質問ある? | 2ちゃんねるスレッドまとめブログ – アルファルファモザイク

このスレ主が、今の私の考えに一致し過ぎてヤバイです!

内容としては、題名にある通り「ブラック企業に勤めながらホワイトに働く為の立ち振る舞い方」です。

彼(彼女?)が勤めている企業がブラックらしく、そんな中でホワイトに働いているのって相当凄いですよね。

そんな彼の戦法・考え方をご紹介します。

スポンサーリンク

基本戦略は”ロジックハラスメント”

まず紹介されていたのが、上司との付き合い方です。

ロジックハラスメント(通称ロジハラ)を駆使して上司と戦います。

物腰は柔らかく腰は低くしといて上司にロジハラするイメージです。

例えば、終業ギリギリになって仕事を任された場合は、「残業付けていいなら残業しますよ」と言ったり。

また、「有給?取って当たり前ですよね。明日取りますねー」と言って有給をとったり。

ちなみにロジハラとは、「正論を振りかざして相手を追い込む行為」という意味だそうです。

彼がやっていることは当然の権利ですし、何も間違ったことは言っていません。

しかも、自分よりも立場が上の相手にやっているのでハラスメントとは言えないと思います。

弱者から強者への行為ですもんね。

何より問題なのが、契約・法律通りの働き方をしているのに「ハラスメント」という表現を使わざるをえないことです。

今の社会がいかに違法な労働をさせているのかがわかりますね。

嫌味言われたりパワハラされても決してこの戦略から外れた事をやらない

こんなことをやっていたら、上司に嫌われたりイヤミを言われたりするでしょう。

当たり前ですけど、向こうが悪いんですけどね。

そんな時でも、この姿勢は崩してはいけません。

私達にできることは、「やるべきことをやること」と「権利を主張すること」しかできません。

なので、任された仕事は完璧にこなすことが非常に大切です。

やることやってないのに権利ばかり主張してたら、それはそれでヤバイやつですからね。

いわゆる”お荷物”ってやつです。

上司と仲良くしない

上の人と仲良くすると、仕事を頼みやすいためか、どうしてもこき使われる機会が増えてしまいます。

出世したいならそれでもいいのかもしれませんが、そうではない人にとってはデメリットしかありません。

そうならないためにも上司とある程度の距離を保つことが大切です。

上辺だけの付き合いだけならあまり無茶言ってきません。

仲悪くはないけど絶対にプライベートの一線は踏み込ませない」ことがポイントです。

例えば、仕事の話は談笑交えてするけど、ゴルフや飲み会は全て断ったり。

一方で、歓送迎会にはちゃんと出席したり。

ポイント・ポイントは押さえて、最小限の関係を持つようにします。

パワハラに対するマインドセット

彼は面白い考え方をしていて、パワハラをされた時は「この人は輪廻転生の輪の中で人間やるの初めてだから仕方ない」と考えるそうです。

偶然なのかはわかりませんが、島田紳助さんも同じことを言っていました。

パワハラなんて人間のルールが分かっていない人がすることです。

そんなやつらに腹を立てたり、気持ちを乱されるなんて勿体ないですよね。

自分が生まれ変わり何回目かはわかりませんが、人間1回目の人に合わせる必要はありません。

これからも自分の考えを貫いていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加