【リベラルアーツ大学】ブログへの意欲が格段に上がった話

ブログを頑張る理由は”自信をつけること”

こちらの動画を見て、改めてブログを頑張る理由を再確認しました。

私がブログを頑張る理由は、自信をつけるためです。

なぜ、自信をつけなくてはいけないのか。

それは、今の会社で人生をコントロールするにはたくさんの勇気が必要になるからです。

その勇気の源流となるのが、確固たる自信なんです。

人生をコントロールするには勇気が必要

例えば、会社から理不尽な要求をされた時にそれを断る勇気が必要です。

こちらの記事で書きましたが、仕事の量を減らしていくために「無(む)・減(げん)・代(だい)」を実行していきます。

「無(む)・減(げん)・代(だい)」とは、下記の3ステップのことです。

  • 上司の指示を「無」視する。
  • それでも指示されたらその仕事の量を「減」らす。
  • 最後の「代」は使いまわし、代替のこと。資料をゼロからつくるのではなく、極力以前作成した資料を使う。

上司の指示を無視するのですから、実行に移すには相当な勇気が必要です。

ブログで収益を稼いでいれば、いつでも仕事を辞められる覚悟ができます。

これが自信に繋がります。

何も準備せずに行くのは無謀というものです。

また、「働き改革」によって定時退社や有休・育休を推奨されていますが、行動に移しづらい雰囲気がまだまだあります。

勇気があれば、威風堂々と定時退社できるし、有休・育休を取得できるわけです。

とにかく、今のご時世、勇気が無ければ自分の思うような生き方をすることはできません。

周りに置いていかれる焦り

働き方改革による労働時間の短縮によって、先輩との差が開くのではないかという焦りがあります。

先輩方はこれまで多くの残業をしてきました。

仕事に接する時間が多かった分、今の私よりも進歩しているのではないかという、取り残されているような感覚があるのです。

本当はそんなことないんですけどね。

差を感じるのは最初だけです。

これが10年も20年もすれば差なんて無くなってきます。

頭では分かっていますが、感情が追いついていません。

そんな時も、ブログから収益を上げていれば、人生をよりワイドに見ることができます。

仮に私が先輩よりも劣っていたとしても、私にはブログという武器があります。

ブログが心の拠り所になるわけです。

他者との比較に意味はありません。

呪縛から逃れるためにも早く心の拠り所が必要です。

期待に背く背徳感

この前の飲み会で、私の心にグサッときたのは、「Raiさんにはもっと仕事を頼みたいんだけどな」という言葉でした。

業務時間内に仕事を頼めない先輩が無能なんですが、なんか私に非を感じてしまいます。

この”期待に背く背徳感”が私をずっと悩ませています。

そんな時にもブログが効果的です。

仕事以外にもやらなくちゃいけないことがあれば、仕事ばかりに構っている暇はありません。

むしろ、ブログが本業みたいな(笑)

それだけの意気込みがあれば、先輩からの期待の言葉を気にしなくなります。

ブログが本業になるくらい本気になって収益を上げます!!

両さんの言葉

最後に、私の心に響いた両さんの言葉をご紹介します。

人によって目指す山は違います。

目指す山が違えば、登り方も違います。

この言葉で私は救われました。

私が先輩と比較されて悩んでいるのもちっぽけに感じます。

だって、目指している山が違うんですから。

たとえ本業の方で私が劣っていたとしても、副業で補えばいいのです。

本業の方は定時でさっさと帰るから、もしかしたら周りと差が付くかもしれません。

でも、それでいいんです。

先輩の目なんか気にしている場合ではありません。

今、私は「近づくなオーラ」を発して人を近づけないようにしていますが、これからも継続してやっていこうと思います。

孤独でけっこう! 仲良くもなりたくないし。

所詮は仕事仲間。定年までの付き合いです。

就労時間以上に時間を掛ける価値はありません。

でも、同期との仲は大切にしていきます。

同じ志を持った友達もいます。

会社に埋もれず、自らの考えで進んでいける人たちです。

彼らから受ける影響も大きいです。

本気でブログを頑張っていく!

絶対に負けない!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加