自分を信じれなくなってきている

先輩に相談したが、全く役に立たなかった

昨日、飲みの席で仕事の悩みを先輩に相談しましたが、何の役にも立ちませんでした。

昔の経験談や自慢話ばかりで、私の現状を全く見ようとはしませんでした。

しかも、偶にしてくるアドバイスがどれも既に実行に移していることばかりで参考にすらならりませんでした。

これ以上は時間の無駄だと思い、向こうが話してる途中でバッと席を立って帰ってきました。

印象は悪くつくでしょうが、これでいいんです。

自分の貴重な時間をドブに捨てる必要はありません。

周りと比較されることは、相当腹が立つ

アドバイスの中で、私の少し上の先輩とよく比較されました。

「〇〇さんは今の頃にはもっと出来てた」とか、マジで何なんですかね。

能力も状況も違うんだから単純比較はできないはずです。

自分ではどうすることもできない部分をねちっこく突かれました。

現状で精一杯な人に「もっと頑張れ!」と言っているようなものです。

そんなこと言われても私にはどうすることもできません。

他人との比較ってこんなにも腹が立つんだと痛感しました。

昔、兄が、よく親から私と比較されていたと語っていましたが、精神的な負担が相当大きかったのだろうと想像できます。

子どもなら尚更のことです。

自分の子と周りの子を決して比較はしてはいけません。

自分を信じれなくなってきている

こんな愚者どもに相談したのがそもそもの間違いでした。

自分のスタイルを信じられなかったからこそ、聞く価値の無い人間を引き寄せてしまったのだと思います。

全ては自分の責任です。

前から自信を失っていたことには気付いていましたが、こうして害を被ることになるとは。

参照:自信が無くなってきたから、筋トレして自信を取り戻す

早急に自信を取り戻す必要があります。

マヌ・ジノビリ選手

元NBA選手でマヌ・ジノビリという選手がいます。

彼はバスケの腕も然ることながら、マインドにも秀でた選手でした。

下の動画の2:36辺りで彼の逸話が語られています。

俺はマヌ!

これが俺のスタイルなんだ!

マヌ独特のトリッキーでリスキーなプレイに対して、監督から苦言を呈されたときの言葉です。

かっこいいですよね。

自分のスタイルを信じて疑わない信念が伺えます。

私には学生時代から多くの本から得てきた知識があります。

これから自分が何をすべきなのかは分かっているつもりです。

だから、自分を信じてやるべきことだけに集中するべきなんです。

新卒ということもあって、分からないことばかりで本質を見失っていました。

俺はRai!

これが俺のスタイルなんだ!

そう堂々と言えるように信念をしっかりと持ちたいと思います。

今に見てろ、くそったれめ!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加