未来の家族を妄想した話

仲良しな兄妹

先日、料理教室に参加した時の話です。

今回一緒にレッスンを受けたのが、高校生の男の子と小学生の女の子でした。

2人は兄妹で、非常に仲が良かったのが印象的でした。

女の子がかなりの人見知りで、それをお兄ちゃんが優しくサポートをしていました。

仲良しな彼らを見て、「家族が欲しい~~~!」と心から思いました。

私も仲の良い兄弟姉妹を子どもに持ち、幸せに満ちた生活を送りたいです。

父性の現れ

ここ最近、母性ならぬ父性が溢れ出ています。

守りたい、頼られたい、大黒柱になりたいという気持ちが芽生えました。

更には、「子ども関係の理不尽な目に合いたい」とかも思っていたりします。

子どもに「パパ嫌い」って言われたら、悲しい気持ちと同時に成長に対する感動を覚えそうです。

完全に変人ですね(笑)

未来のシミュレーション

先日の料理教室の時は、彼らを自分の子どもに見立てて妄想していました。

母の日に、子ども達と一緒に料理を作っている設定です。

日頃のパートナーに対する感謝を込めて、みんなでワイワイしながら料理を作ります。

もう、鼻血モンの状況です。

俄然、人生にやる気が出てきました!

早く仕事に慣れて、もっともっとBIGな男になって、未来の家族を迎えようと思います。

そう考えると、人生が楽しくてしょうがないですね!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加