人生とは”選択の連続”である。

結構前のことなんですが、メンタリストDaiGo さんの本を読み終わりました。

そこで今回は、この本によって感化されたことや思ったことを書いていきます。

スポンサードリンク

片付けの本当の目的

この本によると、片づけの本当の目的とは、迷う時間や管理する時間を減らすことで、そのぶん自分がやりたいことに時間をかけることだそうです。

私たちの限られたリソース(資源)である時間を目標に向けていきます。

そういう意味だと、私の部屋はその理に適っています。

本当に何も物が無いので、机で何か作業をするしか時間を潰す方法がありません。

他に選択肢が無いのです。

このように選択肢が沢山ある中で、適切な選択を自然とできるようにすることが大切です。

人生とは”選択の連続”である

ここでふと私は思いました、人生とは”選択の連続”であると。

現在、私がこうしてブログを書いているのも、私がそう選択したからです。

そして、ブログを選択したということは、他の選択肢を捨てたことも意味します。

また、思考もどこへ向けるかで選択に迫られています。

例えば、こうしてパソコンへ向かってブログを書いていたとしても、意識は別に向かっていたりします。

瞑想は頭を整理し、潜在意識を目的へ向ける効果があります。

更に、時間や集中力だけでなくお金や愛情もリソースであり、どこへ向けるかで選択に迫られます。

つまり、こうした膨大な選択の積み重ねが人生となるのです。

成功者の条件

いわゆる成功者というのは、これらリソースを正しい選択肢に注いだからこそ成功したのだと私は思います。

まぁ、当然っちゃ当然ですけどね。

人生の選択肢群を人生の目標へ向けていくことによって、目標を達成する確率が上がるのは必然です。

「1万時間の法則」なんてその典型ですよね。「パレートの法則」もそうです。

まとめ

結局何が言いたいのかというと、「一歩一歩正しい選択をしていこう」ということです。

凄い当たり前のことを言っていますが、かなり重要なことだと私は考えています。

人生を簡略化すると最終的にコレに行き着きます。

ちゃんと納得のいく選択を自分の手でしていこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加