習慣を身に付け易くするたった1つの魔法の言葉

みなさんは、始めよう」と思ったことを直ぐに始められますか?

そして、それを続けることはできていますか?

例えば、健康のために運動を取り入れたり、骨盤を直すために姿勢を正したり。

良い生活習慣を日々の生活に取り入れようとする人は非常に多いと思います。

しかし、中々続けられない。 というより、そもそも始められない。

そんな人が圧倒的多数だと思います。

わかります、その気持ち。 正直、面倒くさいですよね。

だって、やらなくても別に困らないですもんね。

確かに、やった方が良いのはわかって”は”いるんです。

でも、気持ちが乗ってこないんですよね~。

そこで今回は、新しい生活習慣を始め易くし、さらに続け易くする裏技をご紹介します。

スポンサードリンク

「○○するに越したことはない」

実は、「○○するに越したことはない」という考え方がその裏技なんです。

これは魔法の言葉です。

やはり、人間というのは動き始める時に一番エネルギーを必要とします。

逆に、一度動き始めてしまえば慣性によって簡単に動き続けることができます。

つまり、初動こそ最もハードルが高いのです。

ということは、この初動さえクリアしてしまえばあとは自然と続けることができるわけです。

習慣というのは、初動の連続なわけですから。

ハードルが高過ぎる

動き始められない人は始めのハードルが高過ぎるように感じます。

なんか、100 % 気持ちが乗らないと始めちゃダメみたいな。

そういう要らない制約を自ら課してしまっていますよね。

恐らくこれは、理想の自分と現実の自分とのギャップに苛まれているからだと思います。

どうしても人間というのはカッコつけたい生き物です。

どうせ始めるなら、シュッとスマートにこなしたいですもんね。

逆に、少しずつ始めるのって凄く惨めな感じがしますよね。

弱い自分を見られている気がしてしまいます。

本当は、「最初からこなせる人なんて居ない」とわかっているのに。

そこで魔法の言葉の出番です。

「○○するに越したことはない」と聞くと、10 % くらいの気持ちで始めてもいいんじゃないかと思えてきますよね。

「全くやらないよりは少しでもやったほうが良い」 そういう前向きな気持ちになってきます。

これが物凄く大事です。

どんなものごとでも最初の一歩が存在します。

まずは0を1にする作業から始まります。

1を100にすることは、始めてから考えればいいことです。

ますは、とにかく始めることを優先しましょう。

毎日笑顔でいる

私は習慣として、笑顔でい続けることを心がけています。

「笑顔でいることに越したことはない」からです。

日頃から笑顔でいれば、人に良い印象を与えられますし、周りの人も楽しいですよね。

笑顔を振りまく人は素敵だと思います。

初めは、中々習慣化しませんでしたが、魔法の言葉のお陰でようやく定着してきました。

先日、久しぶりに友人に会ったところ、笑顔を褒められました。

「なんでずっとニコニコしてるのー?」って言われました。

その時は特に笑顔を意識していない時でした。

日頃の積み重ねのお陰で笑顔が身に付いたのです。

そういう訳で今回は習慣を身に付け易くする魔法の言葉をご紹介しました。

良い生活習慣を身に付けて幸せな生活を送ってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加