好きなことを好きなように書く

ブログへの迷い

最近、自分のブログについて迷いが生じていました。

きっかけはこちらの本です。

先日の記事は、この本を参考に書いてみました。

確かに、ブログを書く上でSEO 対策は重要です。

この本のお陰で、今までよりは興味をひく記事を書けたとは思います。

SEO 対策はつまらない

でも、如何せんつまらないんです。

どうやら私の性分には合わないみたいです。

それよりも好きなことを好きなように書く方が私に合います。

原因の根幹は、デザイナーとアーティストの違いだと思います。

デザイナーは相手が欲するもの、もしくは相手が自分ですら気が付いていない潜在的な要望を形にすることが仕事です。

建築家や家具のデザイナー等はこれにあたります。

決して独りよがりではなく、相手がいて初めて成り立ちます。

一方、アーティストは自分の思考を形にすることが仕事です。

そして、その形にしたものに対して後から評価が乗っかってくるのです。

ミュージシャンや画家等がこれにあたります。

世の中のニーズとかは関係なく、彼らは自分がやりたいように表現します。

どうやら私は後者のアーティストに当てはまるようです。

一番大事なことは「続けること」

周りのノイズによって本質を見失ってはいけません。

「1万時間の法則」にもあるとおり、一番大事なことは「続けること」です。

また、現在、ブロガーとして名を馳せている方々は、時代とたまたまマッチしていたが為に今の地位を確立したと私は感じています。

もちろん、SEO 対策等の効果もありますが、それだけでは一流にはなれません。

やっぱり、時代やその時のニーズと波長が合うことが大事です。

テレビ番組とかもそうですよね。

長年続いてきた番組がどんどん打ち切りになってきています。

やはり、そのときのニーズというものが変化してきているからです。

では、どうやってそのニーズを捉えるのかというと、それは誰にもわかりません。

もしわかっていたら、その人はプロデューサーとして決して負けることはないでしょう。

世の中には凄腕のプロデューサーもいますが、百戦錬磨というわけではありません。

成功することもあれば失敗もあるのです。

結局、大事なことは手数ということになります。

諦めずに継続した者だけにチャンスが巡ってきます。

そして、好きなことや好きなスタイルでないと継続はできません。

そこに喜びがなくてはただの苦痛です。

ナポレオンヒルの言葉

ナポレオンヒルの『成功哲学』にはこのようなことが書いてあります。

自分を失うことは、ほかのすべてを失うのと同じである。

その方法が自分に合っていればそれで構いません。

しかし、少しでも苦痛を感じるようであれば直ぐにやめるべきです。

自分自身と会話し、自分に合ったスタイルで進めていくことが大事です。

長々と書いてきましたが、私はSEO 対策とかは気にせず、好きなことを好きなように書こうと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加