やっぱり早起きはいいね!

またまた早起きについてです。

下のリンクは、今までの早起き関係の記事です。

早起き最強説

努力するための努力 (1)

今回は、改めて早起きは効果があると感じたので、そのことについて書きたいと思います。

スポンサードリンク

考えをまとめるスピードが早い

一番、効果を感じるのは、考えをまとめている時です。自分が何を考えていて、何に突っかかっているのかが明白なんです。そのため、わからないことをわからないなりにまとめることが出来、手を進めることが出来ます。

物事を考えているときに厄介なのは、「自分が何をわかっていないのか」なんです。分かっていないことを分かっていないので、考えが堂々巡りしてしまい、大幅なタイムロスとなってしまいます。

僕は、考えをまとめる際には、赤羽雄二さんの「ゼロ秒思考」を参考に、メモを書いています。やってみると、頭の中のモヤモヤを、形にすることが出来るので、非常に役立っています。

朝の考えは、筋が通っていることが多いと思います。考えがコロコロと変わりません。首尾一貫した考えが頭の中に残ります。

今は、夕方に書いていますが、考えがあまりまとまりません。(笑)文章を書いているのですが、頭は上の空な感じがします。ブログのことを考えている反面、研究のことや彼女のことを考えています。

集中できていませんねー。

やはりブログを書くなら、朝に書いたほうがいいなぁと痛感します。

集中が続く。

そんな夕方とは違い、午前は集中が続きます。ブログのことを書いていたら、ブログのことしか考えていません。他のことを考える隙間もありません。

アドレナリンが出ているのでしょうね。やっていて楽しくなってきます。どんどん手を進めたくなります。頭の中のタービンが回転を早め、体がますます活発になってきます。

この楽しさが、ものごとを続けることには重要です。楽しさがなければ、やっていられませんもんね。ある種の拷問になってしまします。

恥ずかしさがない。

正直、ブログは恥ずかしいです。ブログを書いてみて、自分の頭の中をさらけ出すって、こんなにも恥ずかしいものなのかと気が付きました。自分の考えが読者にどう受け取られているのか気になります。

でも、僕には共有したい経験や感情や考えがあります。僕と同じような考えを持ち、悩んでいる人とシンクロしたいです。そのためには、記事を書かなくてはいけません。

自分のありのままを伝えたいのですが、日中や夕方は何回も書き直してしまいます。書いていて恥ずかしくなってしまうからです。逆に、朝は手がすらすらと進み、次々と記事を書かくことができます。

朝は、一つの記事を書くのに1時間ほど要しますが、夕方は4時間くらいかかります。その差は歴然です。

恥ずかしさを感じないのも、アドレナリンと関係があるんですかねー。

やっぱり早起きがいい!

結局、言いたいことはコレです。

早起きは本当にいいですよ!病み付きになります。

まだまだ、早起きの良さを引き出せていないと思います。これからも、早起きの良さを書いていきたいと思います。僕のライティングスキルが上達したら、もっと伝えられるんでしょうね。

これからも精進していきます。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加