成功も腹八分目に。

これは、松下幸之助さんの言葉です。本当に素敵な言葉だと思います。

以前に、8割の大切さについて記事を書きました。良かったらみてください。

8割の大切さ。 | 20歳からの検証ブログ

今回は、「成功も腹八分目に。」に関して思うことを書きます。

スポンサードリンク

うまくいかないことを受け入れられる。

人生には、上手くいかないことが沢山あります。失敗だったり、トラブルに巻き込まれたり。「嫌だなー」と思うことばっかりです。気が滅入ってしまいますよね。

1年前にこの言葉に出会い、感銘を受けました。

成功しすぎてもいけない。もう少し成功してもいいなと思うくらいがちょうどいい。成功も腹八分目に。

普通、名言とかって、「失敗を恐れるな」とか「挑戦しつづけろ」のような、ガンガン行けって感じの言葉が多いですよね。

でも実際は、失敗を恐れないのは難しいですし、気持ち的に無理なことがほとんどです。そんなことができたら苦労はしません。

それに対して、松下幸之助さんの言葉は、穏やかで、心にスッと入ってくるような感じがします。長い人生経験から学んだ真理のようなものを、翻訳して言葉にしているように思えます。上辺だけの綺麗事ではないんですよね。

僕の人生と照らし合わせてみる。

僕の人生はたった20数年ですが、嫌なことはいっぱい経験してきました。特に人間関係が大半を占めています。人間関係を鬱陶しく感じることが多々あります。

でも、思い返してみると、上手くいかないことがある時って、上手くいっている面もあると気が付きました。嫌な部分が気になっちゃって、良い面に気が付いていないんだと思います。

僕の場合は、人間関係が上手くいっていないと、勉強が上手くいきます。中学時代の部活動の人間関係で疲れ果てていたときは、勉強面が絶好調でした。勉強が唯一、部活を忘れることができる時間だったんです。唯一の救いでした。

また、健康面も良かったです。部活を休みたかったのに、結局、休むことはありませんでした。

そして現在、僕は大学生です。またもや人間関係に悩んでいます。研究室の人間関係がやっかいです。その反面、勉強面や健康面は絶好調です。

逆に、高校時代では、人間関係は良かったですが、勉強は全くダメでした。健康面も悪くて、入院を何回も繰り返しました。

僕の人生は順風満帆ではありませんが、無事に生きています。毎日楽しいですし、幸せです。そういう意味では、上手くいっている人生なのでしょうね。

これからの話。

これからも、何かが上手くいき、何かが上手くいかない状況が続くんだと思います。でも、それでいいんです。それが進んでいる証拠なのだと思います。

「失敗を恐れない」みたいに、失敗に対して片意地を張らない方が気持ちが楽です。失敗は必ずくるもの、逆に来ない方が危ない、と思った方が受け入れやすいです。

昔、「3歩進んで2歩下がる~♪」って歌がありました。過去の人たちも通ってきた道のりなんですね。世の中の真理なのでしょうね。

これからも、失敗やトラブルとうまく付き合って行こうと思いました。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加