やりがいについて。

みなさんにとって「やりがい」とは何ですか?

やりがい

物事をするに当たっての心の張り合い。しがい。

出典:三省堂 大辞林
 
よく、「仕事にやりがいを感じる」とか言いますよね。楽しいとか、思い入れがあるみたいな意味を含んだ言葉で使われることが多いと思います。では、「やりがい」とは一体何なのでしょうか。
 
今回は、大学生活を通じて感じた「やりがい」について書きます。
 
 
スポンサードリンク

やりがいを感じたこと。

最近、やりがいを感じた出来事についてです。

僕の大学では、建築設計の授業があります。僕は、この授業が苦手でした。どっちかっていうと嫌いな分野です。設計のようにゼロから何かを創造していくことに、苦手意識を持っていました。

そこで僕は、嫌いな教科は嫌いな教科なりの取り組み方があると思いました。嫌いなので短時間で、且つ、せっかく履修をしているのなら良い成績を取ろうと考えました。

そこから、工夫生活が始まりました。

工夫したことは、3つあります。

①3分考えて案が浮かばなかったら、文献などを調べる。

②朝にやる。昼や夜には案を練らない。

③一日3時間まで。長考しない。

①3分考えて案が浮かばなかったら、文献などを調べる。

これは、時間をうまく使う上で、非常に有効でした。3分考えて、何も思い浮かばなかったら、その後、何時間考えても何も出てきませんよ。

しかも、せっかく搾り出した案であっても、それがオリジナルである保障がありません。世の中には膨大な数のデザインが出回っています。自分がオリジナルだと思っても、必ず似たようなデザインは存在します。

なので、いいデザインが思い浮かばなかったら、さっさと外部で答えを探すべきなんです。

これは僕の持論ですが、オリジナルとは物まねだと思うんです。例えば、どんなスポーツ選手でも、必ず参考にした人がいます。芸術においても、必ず影響を受けた作品があります。

既に出回っているものをつなぎ合わせた「継ぎ接ぎ」みたいなものがオリジナルです。だって、自分がオリジナルだと思っても、それが影響を受けていない保障なんて無いのですから。目に入る情報から、無意識に模倣しているのです。

外部の情報を基にデザインを考えた方が、いい案になる可能性は高いし、効率がいいです。

②朝にやる。昼や夜には案を練らない。

やっぱり、朝は効率がいいです。一番の違いは、思い切りの良さだと思っています。案を練り上げるのも早いですし、それを形にするのも早いです。

朝は、頭がスッキリしているので、考えをまとめるのが早いです。言葉にならないような思念を、言葉やイメージに翻訳するのに適した時間です。そういう意味で、思い切りがいいんだと思います。

逆に、効率が良くない昼や夜には、案を練らないほうがいいと思います。朝やるべきことを昼や夜にやる理由はありません。昼や夜にやるんだったら、頭をあまり使わない情報収集などに努めた方がいいと思います。

③一日3時間まで。長考しない。

前提にあるのは、「この教科が嫌い」ということです。なるべく接する時間を減らさないといけません、嫌いなので。

一番避けなければいけないのは、ダラダラと時間を過ごしてしまうことです。そんなことをするんだったら、早く切り上げて、自分の好きなことをした方がいいです。

限界の時間を設けて、それ以上かかるようだったら、明日に持ち越します。案は、一日置いた方が良くなることもありますしね。

結果

結果として、僕のデザインした建物は、150人中5位に選んでいただきました。1位を目指していたので少し残念でしたが、掛けた時間や苦労を考えたら、満足のいく結果です。

特に評価に値する点は、時間の使い方です。この教科は課題の提出が大変で、自分が設計した建物の模型を作らなくてはいけません。そのため、提出日のある週は、みんな、ほとんど寝ないで作業をします。他の授業を欠席する生徒も多数います。

そんな中、僕は一度も夜更かしをせず、他の授業にもちゃんと出席し、良い成績も修めました。無駄な苦労をしていなかったのです。たかが課題の提出といっても、勉強面だけではない生活面や健康面といった、全体のクオリティが違います。

色々な感情や考えを通して、僕はこの体験に「やりがい」を感じました。

「やりがい」とは。

大学には、僕の好きな教科は沢山あります。でも、一番「やりがい」を感じたのは、この嫌いな教科でした。

僕なりの考えですが、「やりがい」とは工夫したりもがいたりする、その過程にあるのではないかと思います。その過程が楽しいのです。

「楽しい」では語弊があるかもしれません。「ワクワクする」や「スリルがある」といった方が適切なのかもしれないです。楽しい面だけではなくて、「悔しい」とか「ウザい」とか「なんでこんなことをやらなくちゃいけないんだ」といった、負の感情も含めた面白さです。

そう考えると、どんな仕事や物事にも「やりがい」はあるのではないかと思えますよね。その人の心持しだいで、「やりがい」は生まれるのです。

つまらないならつまらないなりの心持、ムカつくならムカつくなりの心持、色々な心持があります。その時の状況しだいで、適切な心持を使い分ければ結果はついてきます。人生が幸か不幸になるかは、その人次第であり、環境に依るものではありません。

大学生活ではありますが、貴重な体験をしたと思いました。

ではでは。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加