私は器が小さい。

昨日の話

自分の器の小ささが嫌になります。

昨日、友達2人と焼肉に行きました。(私、友達A、友達B)

お会計が9千円ちょっとになったので、A は3千円、私は4千円を払いました。

すると、B は細かいのを持っていなかったので私たちが払ったお金を自分の財布に入れて、1万円を払いました。

そこまではよかったのですが、なんとB は何食わぬ顔でお釣りを受け取り、自分の財布に入れたのです。

本来ならば、4千円払った私がそのお釣りを貰うべきだったのに。

恐らく、私が3千円払ったと思い込んでいたのでしょう。

自己主張はダサい

だったら、B に「俺、4千円払ったんだけど」と言ってB からお釣りを貰えば一件落着です。

なにも問題はなかったはずです。

なのに、なぜか私は言いませんでした。

自分が多く払ったと自己主張することをダサいと感じたのです。

以前にも、自己主張することを止めたいと考えていました。

私はジェントルマンとして、周りよりも多くお金を払いました。

割り勘で誰かが多く払うのであれば、自分が率先してその役になりたいと考えています。

今回もそのケースです。

誰にも気づかれずに周りよりも多く払うことがカッコいいと思っているのです。

承認欲求が強すぎる

でも、いざ行動してみると凄く嫌な気持ちになりました。

B はお釣りを当然のように貰うし、誰も私にお礼を言いませんでした。

A もB も私が多く払ったことに気が付かなかったことに対して腹を立てたのです。

なんて器が小さいのでしょう!!

自分が好きで多くお金を払ったのに、勝手にキレているのです。

ワガママにもほどがありますよね。

結局、承認欲求が強すぎるのがその原因です。

カッコつけたいだけなんですよ。

さらっとカッコいいことをして、「すげー」と思われたいのです。

なんてあざといんでしょう。

ほんと、自分の性格が嫌になります。

ただ、幸運なことに、私はそれを周りに伝えていません。

確かに、嫌な気分にはなりましたが、それを表現していませんでした。

なので、これからすべきことは、この話を蒸し返さないことです。

きれいさっぱりと忘れてしまうのが一番です。

ここで初めてジェントルマンになれたと言えるでしょう。

表現の場を設けることが大事

こうしてブログに書いていますが、書いているとだんだん気持ちがスッキリしてきます。

周りに怒りを発散することは絶対にしてはいけませんが、ひっそりと表現することは大事だと思います。

ブログをやっていて本当に良かったと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加