早めに布団に入るための3つの勝因

ここ数日間は、眠れるかは別として早めに布団に入れています。

今までは、早めに布団に入ることすらも困難だったので、今の自分の生活にはビックリしています。

そこで今回は、その勝因について書きたいと思います。

19時以降はパソコンを開かない

1つ目の勝因は、19時以降はパソコンを使わないようにすることです。

夜にパソコンが使えないと、風呂に入ったり読書したりとやるべきことに集中できます。

パソコンは便利ですが、余計な誘惑も多いのです。

寝る前の読書

寝る前の読書も非常に効果的です。

私は眠くなるまでKindle でひたすら読書をしています。

私が効果的だと感じるのは、眠れないことをプレッシャーに感じないところです。

特に、ここ最近は布団に入っても眠れないことが多かったので、より一層そう思います。

布団に入っても眠れないときは、頭を切り替えて読書タイムにすればいいのです。

眠くなるまで読書に没頭します。

瞑想

最後に瞑想についても触れておきます

基本、夜眠れないときの特効薬として使っています。

眠れないときの傾向として、雑念が頭の中をグルグルとめぐり回ります

それらを鎮めるためにも瞑想が有効な手段となります。

本当であれば、寝る前に必ずやった方がいいと思います。

瞑想には回復効果があるみたいですし。

でも、とにかく面倒くさいです。

たかが、5分くらいなんですけど、なんかイヤなんですよね。

だからこそ、やる価値があるのかもしれませんが。

頑張ってやっていこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加