クイック&ダーティ

外資系の企業に長く勤めていて、常に求められたのは「完璧じゃなくてもいいから、速く」ということでした。なによりスピードを重んじる世界でした。「クイック&ダーティ」という言葉をよく聞きましたが、これは「早かろう悪かろう」という意味ではありません。アバウトでも構わないからとにかく早く仕上げて、翌日に持ち越さないことをよしとされていました。

早く取り組んで、早く失敗して軌道修正した方が、コストは安く済むというのが、世界のビジネスの流れです。  今後は日本でも、「走りながら考える」ことのできる人が求められてくるでしょう。

以前にも書きましたが、やっぱり大事なのはスピードなんですね。

スポンサードリンク

アルバイトにおいて

これは、今働いている飲食店のアルバイトにも当てはまります。

上達のコツは、

①スピード → ②質

の順番です。食器洗いや提供はスピードが大事です。

そして、スピードを極めた上で質を上げていきます。

もちろん、スピードが早くても質はちゃんとします。

でも、ほとんどの人が最初に質を気にし過ぎてしまっています。

それでは、いつまで経っても上達しません。

研究において

スピードは肉体労働だけの話ではありません。

研究にも当てはまります。

質を考えすぎて、頭の中でこねくり回すだけでは研究は進みません。

ある程度のところで割り切って手を動かしていくことが大事です。

手を動かしていくと、何か思いつくこともありますし、不備も見つかります。

そしたら修正すればいいのです。

つい最短距離を行きたくなりますが、一発でそれを見つけられる人は少ないです。

言葉はよくありませんが「行き当たりばったり」が最善策です。

これからについて

私は来年から仕事が始まります。

スタート前にこの教訓を知っているのは大きいです。

何も知らない人は、仕事をやりながら 2,3 年かけて学んでいきます。

それを一瞬で学べるのは、本の偉大なところです。

やっぱり、勉強って大事ですね。

今回学んだこと活かし、スピードに重点を置いて仕事をしていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加