面接で注意するべき3つのこと。

昨日の検証に対する結果です。

結果は、合格でした!!

注意するべき2点をしっかり守って、面接に臨みました。

  1. 姿勢を正す。
  2. 笑顔でいる。

電車で移動している時も、常に笑顔でいる訓練をしていました。笑顔過ぎると怪しまれるので、口角を上げていました。本番でも笑顔でいることができたと思います。

緊張のあまり、面接中の僕の顔を覚えていませんが、相手の反応を見る限り、好印象を与えられたのだと思います。

また、面接の直前にトイレに行き、ガッツポーズを2分とりました。これをすると、「やってやるぞ!」という、やる気に満ちた気持ちが込み上げて来るので、効果は確実にあります。

これはハッキリと覚えていますが、面接中は、常にエネルギッシュでいられました。エピソードを話すときも、明るく元気に振舞うことができました。そのお陰か、2、3回ほど笑いも誘えたので、雰囲気はかなりよかったです。

やっぱり、若者は明るくて元気なのが一番だと思います。

とはいっても、1次面接なので、勝負はまだまだこれからです。

昨日の反省と、フィードバックを頂いたので、それらをまとめたいと思います。

スポンサードリンク

反省点:結論先行じゃなかった

結論を先に伝えることができませんでした。つい御託をダラダラと並べてしまい、分かりづらい面があったと思います。

これからの面接では、まず結論から述べることに注意を払いたいと思います。質問に対しての答えを、まずはド直球に答える。そこから、その説明に入るようにしたいです。

フィードバック:検証に対して、好印象を持って貰った

面接では、このブログに書かれていることを結構盛り込みました。

例えば、目標の設定や「型」についてを話しました。

 
 

こういうところに、日々考えて行動しているイメージをつけることができました。そして、インプットに対して、効果的なアウトプットをしているという評価もいただきました。

自分で言うのもあれですけど、検証ブログって良い着眼点だと思います。実際に行動へ移しているということですから。

世の中のほとんどの人は、本を読んで、それを行動に移すことはできないと思います。僕も大学に入る前まではそうでしたから、よく分かります。

ブログをやっていてよかったと心から思いました。

2次面接では、これまでの2つの注意点+「結論先行」の合計3点を守って臨みたいと思います。

  1. 姿勢を正す。
  2. 笑顔でいる。
  3. 結論先行で話す。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加