やっぱり僕は運が良い!

一昨日、怪我をしました。間抜けなことに滑って転び、顎を強打しました。切り口がパカッと開いてしまい、6針を縫うまあまあ大きな怪我でした。

今回はその怪我を通して考えたことを書きます。

スポンサードリンク

何はともあれ無事でよかった!

とりあえず無事でよかったです。

怪我をした直後は血が止まらず、汗が沢山出てきて「これはヤバイ!!」と思いました。

怪我をした箇所が顎だったので傷口を見ることが出来ず、どれだけ大きな怪我なのかが分かりませんでした。そのため、大きな不安に駆られました。

しかし、診療の結果、顎の傷以外に怪我は見られず、脳震盪などもありませんでした。脳震盪があると暫く入院しなくてはいけないので面倒ですからね。

また、顎を打った際に舌を噛み切ってしまったら大惨事です。本当に不幸中の幸いでした。

何よりも嬉しかったのが、施術があまり痛くなかったことです。病院へ移動中はずっと「私は健康だ。もうすぐ傷はなりかけている。」と念じていました。

それが通じたのか知りませんが、麻酔注射は痛くありませんでした。麻酔の効きが悪いせいか普通に顎の感覚があったのですが、我慢できる痛さでした。

やっぱり運がいいかも!

怪我をしていて運がいいとは可笑しいかもしれません。しかし、顎は急所なので、もっと大きな怪我に発展していたかもしれません。やはりコレだけの被害ですんだのは、素直に運が良かったと言うしかありません。

さらに、怪我の大きさのわりに痛みもほとんどありませんでした。あっさりと回復へ向かっているのは、これも運の良さといえるでしょう。

周りの人は凄く心配してくれていますが、本人はケロっとしています。

今回の経験を通して、つくづく僕は運がいいと思いました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加