世界は自分の投影である。

最近、潜在意識を活用した成功例を探しています。

恐らく不安を感じているのだと思います。このところ上手く物事が運べていないので、自分を信じられるように情報が欲していました。

ネットで「潜在意識 叶う」で検索してみると、面白い2chのまとめを見つけました。

参照:外見、金銭関係、恋愛、全て叶いました 「他人は自分自身だと理解する」(720前半)  潜在意識 珠玉のレスファイル集

今日はこのことについて書きます。

スポンサードリンク

他人は自分自身

コツはやっぱり、他人は自分自身だと理解すること。
私は昔から祖父に「何かを綺麗だと思った時お前は綺麗だし、汚いと思えばお前が汚い」
と言われていて。潜在意識でもそう言われてるでしょ。
「他に向けて思ったことは、そのまま自分のこと」

僕も聞いたことがあります。「誰かのクセが気になったら、実は自分もそのクセをやってしまっている。逆に自分と関係が無かったら気にならない。」という言葉が記憶に残っています。

確かに、人の嫌なところに目がいく人は、その人自体が嫌なヤツなんですよね。僕がそうです。僕はいつもネガティブなことを考えているので、人のネガティブな部分が目に付きやすいのです。

カラーバス効果に因るものなのかもしれませんね。ある事象に無縁な人は、頭の中にその事象のことが無いので目に入らないのだと思います。

最近あった話

この言葉が心に響いたのには理由があります。それはこの前兄に会った時のことです。

その時、「マンションの一室を飲食店としているお店が違法か違法じゃないか」という話になりました。兄は仕事の中で役所から許可を頂いたりすることが多いので、僕よりも知識が豊富でした。僕が自分の考えを述べると、僕の意見の至らない部分を指摘してくれました。

そこまでは良かったのですが、一番最後に「そんなことも分からないんだね。もっと勉強した方がいいよ。」と言われました。

僕はその言葉に怒りを覚えました。

確かに僕の意見はまだまだ未熟だけど、知識不足でどうこう言われる筋合いはありません。

偶々、兄がその関係の仕事を就いていたため、許可に関しての知識が僕よりも豊富だっただけです。一方、僕はその知識を使う機会が無かった為、そのことを知らなかっただけです。

特に求めちゃいないアドバイスなんていりません。何様のつもりなのでしょうか。

そんなことをグチグチと考え、暫く根に持っていました。

実は僕にも当てはまること

しかし、僕にも思い当たる節がありました。それは彼女とのやり取りでした。

彼女は最近、情緒不安定になることが多く、僕は困っていました。その時、「もっと沢山本を読んで、メンタルを鍛えたほうがいいよ」と求められてもいないアドバイスをしていました。

恐らく彼女も、今の僕みたいに「なんだよテメー、何様のつもりだ」と思ったに違いありません。

自分では気がついていませんが、潜在意識にはこのやり取りが残っていたのでしょう。だから、兄とのやり取りに引っかかるのです。

もしくは、兄とのやり取りを引き寄せてしまったと言えるのかもしれません。潜在意識にそのことがあるからこそ、行動に移してしまうし気になるのです。

僕は急いで彼女に謝りました。彼女は「いきなりどうしたの?」と、かなり驚いた様子でしたが(笑)

聞いてみると、彼女も僕の上から目線に関して気になっていたようです。本当に申し訳ないです。

世界は自分の投影である。

他人が全て自分であるならば、世界全体が自分を映し出す鏡みたいなものです。

潜在意識に他人と自分を区別することはできません。例え、他人に対して抱いた感情だとしても、それは己に対する感情となってしまいます。

他人の言動が気になり始めたら一度立ち止まり、自分を振り返ることが必要です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加