設計事務所1年目の年収は380万円。

設計事務所で働き始めて1年が経とうとしています。

1年間の給料が出揃ったので、収入及び所得を公開したいと思います。

私が就活生だった頃、正直、お金の面がかなり気になっていました。

やりたいことも大事ですが、お金も大事ですよね。

設計事務所に勤めたいと考えている学生さんは、ぜひ参考にしてみてください。

今後も継続して公開していきますので、設計事務所でのキャリアの一例を示していけたらと考えています。

スポンサードリンク

設計事務所1年目は、収入が380万円、所得が320万円

結果は、収入が380万円、所得が320万円となりました。

ちなみに残業時間は、今年度のトータルで120時間ほど

月の始めの方は研修ばかりだったので、残業がほとんどありませんでした。

一方、後半になってくると仕事をそれなりに任せて貰えるようになったので、月に25時間ほど残業しました。

1年目の独身でしたら、これだけの額を貰っていれば不便は無いと思います。

遊びや旅行にも不便無く行けていますし、資格学校代も払っています。

現状の不満

不満を強いて挙げるなら、貯金が貯まるスピードが遅いことぐらいです。

私は個人で医療保険等に入っていません。

なので、何かあった時は会社の保険と自分の貯金で何とかしなくてはいけません。

あるサイトによると、”医療用のみ”の貯金額で300万円は用意しておかなくてはいけないと書かれています。

今の私は医療用どころか、全ての貯金額を合わせても300万円には達していません。

これではもしも何かあったときに大変です。

一刻も早く300万円を貯めなくてはいけません。

現在、所得の2割を投資にまわし、1割を貯金に充てています。

そのため、毎月貯金に充てられるのは2万円ほどです。年に20万円ほどしか貯められません。

300万円を貯めるには相当長い道のりです。

だからといって、投資額を減らそうとは考えていません。

そうなると、所得を増やすしかないですね。昇給するか副業収入を増やすか。

直ぐに昇給は現実的では無いので副業の収入を伸ばしていくしかないですね。

仕事をパパっと終わらせてブログに精を出したいところです。

そして、日々の健康に気を付けながら、地道に貯金を増やしていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加